高層マンション・超高層マンション

厳密にいうと、建築基準法と消防法によって、建物の高さの制限と、
建物の呼び名はすこしずつ違います。また不動産業の広告や宣伝などで、どういう言葉で表現するかという基準はないので、見たときの表現は統一されていません。

高層マンション


・低層マンション ・・・ 3階くらい
・中層マンション ・・・ 4〜5階くらい
・高層マンション ・・・ 6階以上、31m以上
・超高層マンション ・・・ 20階以上、60m以上


最近、大都市部で、20階を超える高超層マンションの建設が
進んでいます。高超層マンションは、タワーマンションとも呼ばれ、
その名の通り高くそびえ立つように林立します。

日本では、1976年、住友不動産がさいたま市に建設した「与野ハウス」がその第一号といわれています。

たいていは、商業施設・オフィスビルや、ホテルなどひとつの建物に、
複数の用途がはいる、複合建物として計画されます。日本では持ち家、
特に一戸建てに住むことへのこだわりが強く、バブル崩壊後には
不動産価値を求めることからも、多少都市部から離れても、
戸建てを求める人が多くいました。

また、災害の面からも高層マンションへの不安が強くなかなか
受け入れられない傾向にありました。しかし、近年、都心部に限らず、
千葉や埼玉、大阪、名古屋などの大都市を中心に、都心回帰が
進んでいます。

若い世帯にとっては、職・住の接近による生活の便利さを、老年層には
設備の充実による生活の安心感がメリットにあげられています。

現在、日本で最も高いマンションは、大阪府大阪市港区弁天町に
2006年8月竣工されたクロスタワー大阪ベイで54階建て(高さ200.4m)です

関連エントリー

 
Copyright © 2006 かんたん!わかる!マンション初心者ガイド. All rights reserved