ウィークリー・マンスリーマンションのメリット、デメリット

ウィークリーマンション、マンスリーマンション


ウィークリー・マンスリーマンションのメリット


効率よく短期間で回転よく使用したいのが短期契約のマンションです。そのため駅前など立地条件のよい人気のある場所にあります。

長期の賃貸住宅に比べると賃貸料は割高ですが、敷金、礼金、
仲介手数料が無料の業者が多いので、1週間〜数ヶ月程度までの
利用であれば、ホテルや賃貸マンションより割安になります。

また保証人や身分証明書を用意する手間が必要ないので、手続きが楽に借りることができます。ホテルと違い短期でも住宅なので、基本的に鍵は自分で持つことになります。

ホテルを使うより自宅感覚です。ネット環境の整っている部屋もあるので、短期のオフィスに使ったり、ファミリータイプの広さを探して、帰省時に利用するなど利用の方法は様々です。


ウィークリー・マンスリーマンションのデメリット


マンスリーマンションは電気製品や家具が設置されているので、
賃貸料が割高になります。地方によって価格差があるのですが、
都心で探すなら、安くても一ヶ月の賃料は10万円台以上かかると
思ってください。

ただし不動産業者は一般の賃貸住宅を、マンスリー用として持っている物件もあり、建築年数や立地条件によってかなり差があるので一概には割高だとも言い切れません。

中長期の出張や、転勤に使用されるなら検討の価値があります。

関連エントリー

参考:ウィークリーマンションを売るならこちらのサイトがおすすめだよ。

 
Copyright © 2006 かんたん!わかる!マンション初心者ガイド. All rights reserved