分譲マンションのメリット、デメリット

分譲マンション


分譲マンションのメリット


【自由度】
なによりも間取りや意匠に制限のある賃貸とは違い、自由があります。
大きさは変えられないものの、ライフスタイルの変化に合わせた
住み方が可能となってきます。

【資産価値】
同じ金額を賃貸に費やすことを長期で考えると、持ち家に投資する
ことは資産が残るという点で人気があります。

【立地】
あらかじめ理想の暮らしにあった条件で、選択することができます。
どれか確認しておきましょう。通勤、通学の時間や、車の使用などを
考えて交通事情に重点をおくのか、子育てや生活環境の便利さを
優先にするのか、自分の優先順位で選べます。

【地域】
マンションといえども、購入して長く住もうというわけですので、
地域に根ざした生活を志せます。周辺の目も協調という方向で
捉えられやすく、自治会や子ども会などといった社会活動への
参加もスムーズです。


分譲マンションのデメリット


【自由度】
マンションの購入者が、本当に自分の自由になるのは、
購入した部屋の中だけです。その他の部分は、共用部分といって、
入居者の共同の持ち物ですので、修繕ひとつするにしても、
同意が必要です。

玄関の色形が気に入らなくとも、自分の自由に変えることができない
というわけです。そして、実は、専有部分であっても改築やリフォーム
するのに、管理組合の許可が必要な場合がほとんどです。

なぜなら工事をするのには、必ず共用部分である入り口や通路、
外側を使用することもあり、自己所有部分であると思いこんでいる
ところで、配管や配線など、他の部分とつながっていることが
多いためです。

【立地】
ライフスタイルの変化によって、多少理想の環境に変化が起きる
ことがあります。

【金銭面】
購入費用や諸経費、ローンや住宅金利などといった多くのお金に
関わる気苦労があります。収入には増減がありますので、
常に一定した支払いは時には困難になることもあります。

関連エントリー

 
Copyright © 2006 かんたん!わかる!マンション初心者ガイド. All rights reserved