分譲マンションとは?

分譲マンション

分譲マンションとは、マンションの部屋を一室ごとに販売をしている
マンションのことをいいます。建物の中は、専有部分と共有部分とに
分けられます。

専有部分ちは、購入者が自由に使える部分で、購入者が共同で使う玄関や廊下などのスペースを共有部分と呼びます。

購入した部屋の中は、すべて所有者の持ち物で、部屋の購入費とは別に、共用部分の管理費を支払うことで、建物を使用できます。賃貸住宅では、間取りの変更はもちろんのこと、壁に細工することなど禁止されています。

しかし、分譲は、持ち家ですので、内装や間取りなど自由に変えていくことが可能です。ライフスタイルの変化に合わせて、長く住み続けることができるのです。

分譲マンションにも、新築を選ぶか、中古を選ぶかという選択ができます。新しいマンションに住むことは憧れでもありますが、出来上がりが見えないという不安もあります。

たいていの新築分譲の売主は、同じようなタイプの部屋を仮設でつくったモデルルームを用意します。賃貸でも、長く住む借主もおおいのに、新築の賃貸ではそこまでしないことがほとんどです。

それだけ分譲であることのグレードの高さをアピールしているのです。モデルルームとなどで、部屋をイメージしやすいよう事細かに説明されますが、それでも実際に住み始めると、多少環境は違うもの。

また、中古には中古のよさがあります。時間がたっているほど、周囲の環境には溶け込んでいますので、地域とのトラブルは少ないでしょう。

また、設備面でも新規のトラブルは出尽くしているでしょうし、その上で思い切った改装もできます。違いをよく分かった上での購入検討をされたいものです。

関連エントリー

 
Copyright © 2006 かんたん!わかる!マンション初心者ガイド. All rights reserved