所有形態

マンション


コーポラティブ方式 ⇔ 分譲 ⇔ 賃貸


【分譲マンション】
建てたマンション部屋を、部屋ごとに売却(住人からすると購入)する
形態のマンションを、分譲といいます。ほとんどのマンションの場合、
所有者が自宅として使用することが多いのですが、中には家賃収入を
目的として、購入するケースもあります。

分譲として販売されたひとつのマンションの中でも、賃貸とされている
部屋もでてきます。また同じ部屋でも、持ち主にとっては投資用の
分譲マンション、借主にとっては賃貸マンションといいます。


【賃貸マンション】
住居を賃貸しているマンションのことです。貸すほうと借りるほうで、
賃貸料や使用の内容などを細かく賃貸契約し、期限付きで貸借します。
個人所有のマンションを貸し出すときには、たいてい不動産業者が
仲介します。


【コーポラティブ方式】
最初から、自らが居住するために建てるマンションのことです。
賃貸目的ではないので、土地の選定取得から、各住戸の設計までの
事業計画が自由です。しかし戸建てと違い、二人以上の区分所有者が
存在するため、通常の分譲マンションと同様に区分所有法などが
適用されます。


マンションはその利用方法、住まい方によっていろいろな
分類ができます。そもそも集合住宅とは、2件の別々の世帯
(専門用語では、区分所有者と言ったりします)が、
共同で使用する部分がある建物のことです。

アパートとマンションの明確な違いがないように、
その分類にもきちんと分けきれるものではないのですが、
大まかにどんな形態があるのかを考えてみましょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2006 かんたん!わかる!マンション初心者ガイド. All rights reserved